化学酸化とバイオレメディエーションを中心とした原位浄化技術の組み合わせ
原位置浄化は汚染された土壌を掘り起こさずに薬剤や微生物を注入して浄化する工法です。この為、土壌を別の場所に運ぶ必要がないので大幅にコストを抑えられるメリットがあります。

土壌汚染の概要

・重金属(フッ素、六価クロム等)の汚染は地表付近に分布することが多い。
・VOC(溶解剤)は漏洩すると地中に浸透し、地下水を介して広範囲に拡散する。そのため、VOC汚染は浄化対策度量が膨大になりやすい。

土壌汚染の概要

原位置浄化のイメージ

「日経ビジネス」(2014/10/13掲載)
原位置浄化のイメージ

サービスの特徴|浄化工法

ISSでは汚染土を掘り出さない原位置浄化を駆使することで、土留め費用、汚染土の運搬・処理費用を最小限とし、圧倒的安価に浄化することが可能です。
<浄化費用の概算と内訳から見る原位置浄化が安価な理由>
・掘削除去:1㎥の処理費用が6万円程度(汚染土運搬・処理3万円+内留め等仮設+施工費)
・原位置浄化

サービスの特徴|浄化工法

サービス内容

「土壌汚染対策」原位置・オンサイト浄化の実績

「土壌汚染対策」原位置・オンサイト浄化の実績

> 問い合わせる